平凡大学生の勉強・読書ブログ

役に立った本の知識や、自分の勉強記録などを書いています。時々関係のないことも書くかも。

大学生って思ったより読書していないんですね。

本を読まない大学生

先日、大学の英語の課題で、グラフを用いて英作文を作って提出する課題があって、何を題材にしようかなといろいろ調べていたところ、大学生の生活実態調査みたいなものにたどり着きました。

全国大学生活協同組合連合会、いわゆる生協が、学生の勉強、アルバイト、生活についての調査を毎年行っているみたいです。

「これならいい題材見つかりそうだな」と思いながら調査をザーッとみていると、とんでもないものを見つけてしまいました。

これです。

f:id:tentenkaikai:20201226214229g:plain

第55回学生生活実態調査 概要報告|全国大学生活協同組合連合会(全国大学生協連)より

これは、大学生の1日の読書時間分布なのですが、見て頂ければわかるように、2019年では、1日に本を1分も読まない大学生が約48%。

多い年では50%を越えている年もありますね。

約半数の大学生には読書習慣がないことにはかなり衝撃を受けましたね。

さらに、1時間以上2時間未満読書する人は約20%、2時間以上読書する人は10%もいないんですね。

アルバイト、サークル、なんやかんや色々やっていたら読書する時間なんてないもんなんですかね。

アルバイトはやっていますが、サークルには入っていないんで、あんまりその辺の時間感覚はよくわからないんですが…

 

逆にチャンス…?

周りの大学生が読書をしていないということは、逆に言えば、読書をしているだけでレアキャラになれるということですよね、多分。

レアキャラになって、ブログ名の「平凡大学生」の「平凡」を取れるよう、読書、勉強を続けていきたいと思います!

 

ここまで読んでくださってありがとうございました!