平凡大学生の勉強・読書ブログ

役に立った本の知識や、自分の勉強記録などを書いています。時々関係のないことも書くかも。

簿記2級と大学の成績発表。自分の認識のズレ。

昨日は簿記2級の試験があり、今日は大学の成績発表があり、大きなイベント(?)が二日連続でありました。

体力的疲労と精神的疲労と感情の起伏の激しさでめっちゃ疲れた二日間でした。

 

簿記2級の試験

今回の簿記2級の試験では、大問1、4、5で、確実に点数を取らないといけない試験だったのですが、この3つの大問で点数をきちんと稼げなかったのが敗因だと思います。

やはり一か月で知識を取り戻し、最期まで詰めていくのはかなり無理がありましたね…

落ち込みながら家に帰り、予備校の模範解答を見て自己採点をしてみると、とんでもないことが起こったんです。

ある予備校の採点基準に基づいて採点してみると、私の点数は70点(合格点)だったのですが、他の予備校の採点基準に基づいて採点してみると、私の点数は70点を切っているんですよ…

前回と比べて、確実に落ちたな、っていう感じではなく、このすごく微妙なラインにいるので、結果発表まですごくドキドキしますね…

ですが、正直落ちたような感じがしているので、もう一度受験するつもりでこれからも勉強を続けていきたいと思います。

次は、ペーパーテストの方ではなく、CBTで受験して取りたいと思います。

なんとしてでも3月中に取りたいですからね。

せめて2年前期の大学の試験日までには取りたいです。

大学の試験と重なるととても大変なので…

 

大学の成績発表

簿記2級が上手くいかずへこんでいるところに、今日の大学の成績発表というなんとも重いイベントが続きました。

14個も授業を取ってしまい、かなりしんどかったので、正直2個くらいは落としてしまっているだろうと思っていました。

ですが、結果を見てみると、一つも落としていませんでした。

正直、かなり驚きました。

あとから喜びが追い付いてきました。

驚きが初期微動で、喜びが主要動みたいな感じです(塾講師病)。

初期微動継続期間中は、頭の中に「?」が大量発生していました。

 

自分の認識と結果とのズレ

簿記2級は、自分ではかなり1ヶ月詰めてきて、自分ではかなり仕上がってきたと思っていたら、本番ではそうでもありませんでした。

逆に、大学の成績は、自分ではあまりできていないと思っていたのですが、実際にはできていました。

つまり、自分が認識している能力と実際の能力に大きいズレがあったんです。

簿記2級と大学の成績を通して、改めて自分のことを認識するのは難しいなと感じました。

自分のことなのに、全然自分のことわかってないのは、面白いなと思う一方で、なんだか悲しくもありますね。

あまり気にしすぎてもどうにもならないので、「まあ、そんなもんか」と思うことにします。

 

 

3月の勉強予定に、簿記が増えてしまいましたが、これからも引き続き勉強を楽しむことを大事にして継続していきたいと思います。

 

今日は全体的に何書いているか自分でもよくわからなかったのですが、ここまで読んでくださってありがとうございました!

 

今日の勉強記録

鉄壁 数セクション復習

パス単準1級 0001~1050

英検2級ライティング大特訓P.98~108

英検2級面接大特訓例文32文暗記