平凡大学生の勉強・読書ブログ

役に立った本の知識や、自分の勉強記録などを書いています。時々関係のないことも書くかも。

『嫌われる勇気』を友人に勧めてみたら…

以前、ブログで私が読んでよかった本ベスト3の中で、『嫌われる勇気』を紹介しました。
そんな『嫌われる勇気』を友人にも読んでほしいと思い、最近読書を始めたと言っていた友人に、めっちゃ熱弁してこの本を勧めてみました。
今日、その友人から『嫌われる勇気』を読んでみた感想をきいたので、シェアしていきたいと思います。


勧めてみた結果


結論から言うと、「読んでよかった」と言ってくれました。
私としては、とりあえずこの一言が聞けただけでほっとしましたね。
本を読んでいて、あのときやったことは、この本のこの部分だな、というように、自分の行動と本の内容を照らし合わせながら読んだと言っていました。
アドラー心理学が推奨する考え方の中で、もうすでに実践しているのもあったようですが、この本を読んだおかげで自分の行動は間違ってなかったんだと思えるようになったとも言っていましたね。
『嫌われる勇気』は、買って友人に配ってまわりたいぐらい勧めたい本だと私は思っているので、他の友人にも勧めてみようかと思います。
まだ『嫌われる勇気』を読んだことがない方にはぜひとも読んでみてほしいです。


ひたすらパス単


話は変わって今日の勉強記録ですが、今日はひたすらパス単をやっていました。
頻出度Aの単語をテストしたものの再テストと、頻出度Bの単語をテストしました。
テストをし終わった頻出度Aの単語は、ちょっと前に紹介した「多義語を矢印でつないで覚える」方法で復習してから再テストを行ったのですが、やっぱりこの方法はとんでもない威力がありますね。
面白いくらいにスラスラと意味が出てくるので、本来ならそんなに楽しくないはずの単語学習が楽しいとさえ思えてきます。
次の頻出度Bの復習のときにもバンバン矢印を書きまくって脳みそに刻み込んでいきたいと思います。


ここまで読んでくださってありがとうございました!